【自宅学習】学校で配られるワークの使い方

2020年7月27日

【自宅学習】学校で配られるワークの使い方

学校によって教科書も違うように、ワーク(教科書の補佐的な問題集)が配られるかどうかも学校によって違います。

ワークは教科書に沿っているので、無駄のない学習ができる教材ですが、使い方を考えてみましょう。

スポンサーリンク

ランキング参加中 にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ

小学校、中学校の試験はワークから出やすい

公立の学校の場合ですが、定期試験は「基本がわかっているのかどうか」に重点が置かれるため、ワークから問題が出ることが多いです。

mana

先輩ママもワークは必須って言ってた

使用前にコピーする

これは親御さんの役目としてやってよいと思います。

ワークはいわゆる「ドリル」の形で直接書き込む方式がほとんどです。
せっかく教科書に沿った内容になっているのに、1回しか使わないのはもったいないですよね

各教科分コピーしてファイリングしておきましょう。
あとでコピーのコピーも使うため、分かりやすく保管するのが万全の対策です。

ron

お子さんのマネージャーになったつもりで、ファイル管理!

授業の進捗を把握する

これも親御さんの役目です。

コピーを取ったからといって、小学生、中学生のうちはそれを自分では活用できません。
ある程度の学習スケジュールは学校に聞けば教えてくれるので、それを参考にするか、お子さんとのコミュニケーションが十分できているようなら、直接お子さんに聞いて、今やっている単元のコピーを渡します。

mochi

これがちょっと大変だね。。。

ワーク直接の書き込みとコピーの使い方

ワークを学校に提出する場合のみ、直接書き込みになりますね。
お子さんのワークを見せてもらって、できなかったところだけコピーにチェックをしてやり直します。

くれぐれも最初にとったコピーは「原本」として保管します。
お子さんに渡すときは「コピーのコピー」になります。

1度目のコピー復習で、またできなかったところがあれば、再度やり直します。

あとは定期テストの前にはまた全問解いてもらいます。

とはいえ、中学生の場合は思春期、反抗期もきますので、コピーだけ何部が取ってあとは本人に任せるのもいいでしょう。

予習の材料として使う

中学生の場合ですと、部活の時間もあるので、予習するほどの余裕がないかもしれません。

ですが、ひととおり内容を把握してから授業を受けるのはとても効率のよいことです。

ワークでは何を問題に出しているのか、を先に知ることで勉強のサイクルをいい方向に変えるきっかけにもなると思います。

mana

予習ができるようになると自信で出てきますよ!

ワークが配られていない

学校によってはワークを取り入れていないところもあると思います。(私立含む)

使ってみたい方はアマゾンや楽天で「教科書ワーク」と検索してみてください。

まとめ

学校で配られるものを有効利用すれば、やり方がぶれず、最小限で基本を身につけられます。
少しの工夫ではありますが、繰り返しやることを定着させる一歩にもなると思います。

ランキング参加中 にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ

スポンサーリンク