【読書】好きなものから手にとろう。自宅学習にさりげなく追加するくらいの感覚で。

2020年7月27日

【読書】好きなものから手にとろう。自宅学習にさりげなく追加するくらいの感覚で。

パソコン、タブレット、スマホが普通に使えるようになり、子どもたちにも普及してきました。学校でもパソコンやタブレットを使ったりしますね。

でもそれが読書にはつながらなかったりします。
本を読む楽しさを、もう一度見つけてみませんか?

ランキング参加中 にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ

「読書」は柔らかく

私、manaは読書はキライでした。
夏の「読書感想文」があるから仕方なく、そのときだけ課題図書を読む、そんなこどもでした。

考えてみると小学校低学年のときに自分から言って買ってもらった本は「宇宙」の図鑑でした。

mana

いつも図鑑見てニヤニヤしてた????

そういうのからでもいいから「本を手に取る」ことを好きなるこどもになりたかったなぁと今になって思います。

学力が高い子は学力の低い子に比べ、学習量だけでなく読書量も多いというデータがあります。
しかし、「読書が嫌い!」「どんな本を読めばいいかわからない…」という声も多いのも事実です。

「文字を読ませる」ではなく「読みたくなる」お手伝いを大人でできればいいですね。

「読む」ではなく「聴く」からはじめる

「読み聞かせ」って大事だな、と思うようになりました。
視覚ではなく、耳からの情報で想像力を膨らますことができるからです。

パパ、ママが直接読むことで、おこさんとのコミュニケーションにもなりますね。

調べてみたら「お話、きかせて! 聴く絵本」というものがあるそうです。
うちの子どもたちが小さいときにはあったらよかったなあ。

mochi

寝るときにCD聞いたら大人もぐっすり寝ちゃいそう!

「読む」ではなく「見る」からはじめる

「図鑑」やイラスト満載の「なぜなにブック」からはじめるのもいいかもしれません。

「興味のあること」には子どもでも夢中になりますもんね。

読書というと「物語を読む」というイメージになりがちですが、小学校低学年でも豆知識がたくさん自分自身にストックされていく楽しみが見つけられると思います。

公共図書館の利用

「見る本」も実際に購入すると高くなりがちです。

コロナウィルスで図書館も利用ができなくなっていましたが、6月くらいから徐々にウィルスに気を付けつつ利用できるようになってきました。

こども用の図書館も人気があります。入るのにも人数制限がありそうですが、1度は行ってみたいですね。

mana

こども用の図書館あるなんて知らなかった!

「読む」ではなく「触る」からはじめる

どういう場合が「触る」になるでしょうか。

  • 仕掛け絵本
  • 教材がついている本

今思いつくのはこの2つでした。
しかし、どちらもそうそう簡単に、とはいきませんよね。
どちらも料金が高め。

解決できそうなものを見つけました。

仕掛け絵本のサブスク「World Library」

仕掛け絵本は大人が見てもワクワクするものです。
ですが、ある程度使うと飽きてしまいませんか?

たくさんの本はこないけど、1ヵ月の料金が安いサブスクがありました。
対象は7歳のお子さんまでですが、1ヵ月に1冊、料金は1,000円プラス送料200円。

これなら利用してみたいですよね!

\ 公式サイトはこちらから /

World Library

年齢にあった教材が届く「こどもちゃれんじ」

0歳から年齢にあった教材と本が届く「こどもちゃれんじ」。
ちいさいうちはどんな本を選んだらいいか、どんな知育玩具を渡したらいいか迷ってしまうものです。

月々1,980円から毎月届くので続けやすい価格設定です。

「ひらがな」「かず」といった就学前に少し学ばせてみたいなという課題も、無理なくすんなり学ぶことができるのは魅力です。

\ 公式サイトはこちらから /

【こどもちゃれんじ】

まとめ

とにかく本を読んでもらいたいと思っている親御さんも多いかと思います。
やみくもに本を与えるのではなく、楽しいきっかけをお子さんと一緒に探せるといいですね。

ランキング参加中 にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ